西原理恵子の娘(鴨志田ひよ)は舞台女優!母親とは不仲!父親は?

明日使える雑談

大人気漫画「毎日かあさん」などで、日常をリアルに描いている漫画家に西原理恵子さん。

「毎日かあさん」は作中に息子と娘が登場し、プライベートな内容が書かれています。

この内容に関し、娘の鴨志田ひよさんが声を上げて話題になっています。

娘の鴨志田ひよさんは現在何をしているのか、そして西原理恵子さんと不仲になった理由、父親を調べてきました!!

スポンサーリンク

1.西原理恵子の娘(鴨志田ひよ)は舞台女優

舞台女優

西原理恵子さんの娘の鴨志田ひよさんは、現在舞台女優として活躍しています。

所属劇団は調べましたが、非公開となっていました。

中学3年生の時に、「cocoon」という舞台に出演した経歴があることが分かりました。

この舞台に出演したときは、「西原ひよ」という名前で出ていました。

鴨志田ひよさんの友人は現在の活動について、

・様々な舞台に出ている。
・マルチに活躍している。

このように語っています。

スポンサーリンク

2.西原理恵子と鴨志田ひよは不仲

西原理恵子と鴨志田ひよ不仲

西原理恵子さんと娘の鴨志田ひよさんは2年もまともに話をしていない状況です。

親子で2年も話をしていないとは、相当仲が悪いことがうかがえますね。

原因は西原理恵子さんの家族事情を赤裸々に書いてきた漫画だと思われます。

西原理恵子さんはそれが仕事ですが、プライベートなことまで色々と書かれ、学校でいじめにあったりしてきたそうです。

鴨志田ひよさんのブログには、母親の西原理恵子さんに関することが色々と書かれています。

鴨志田ひよさんがブログに書かれていたことを一部記載していきます。

お母さんは何を思って私の許可無く、私の個人情報を書いて、出版したんだろう。

5年前のちょうど今頃を思い出す。
出演した舞台の初日が終わった日、お母さんは書かないでと言ったことをsnsに書いた。
嫌がっている私を、むりやり、押さえつけて、抵抗が無くなるまで。
抵抗しなかったから、という判決が出る事件が今も、どこかで起きている。
snsは、怖いもので、1度載せたものは絶対に消えないし、そこから枝分かれしていく情報は、更に消すことが出来ない。

ブログより抜粋

鴨志田ひよさんの初舞台は、中学3年生の時でしたのでめちゃくちゃ多感な時期だったと思います。

本当に押さえつけたりしていたのであれば、虐待も疑えますね。

このように嫌がることをSNSや出版される本に書かれていたら、どう考えても不仲になりますよね。

不仲になった原因は、西原理恵子さんが娘の鴨志田ひよさんに対し自分の意見を押し付け無理やり従わせていたり、プライベートすぎることを公開しすぎたことでしょうね。

スポンサーリンク

3.鴨志田ひよの父親は?

鴨志田豊

鴨志田ひよさんの父親は、鴨志田穣(かもしだゆたか)さんというフリージャーナリストです。

鴨志田穣さんは、1996年に母親の西原理恵子さんと出会い同年に結婚をしました。

西原理恵子さんには、息子と娘(鴨志田ひよ)がいますが、どちらとも鴨志田穣さんとの間にできた子供です。

鴨志田穣さんは、世界の紛争地域を取材するフリーのジャーナリストでした。

紛争地域のあまりにも凄惨な状況を目の当たりにしてお酒に依存していまい、重度のアルコール依存症になってしまいます。

そして、2003年に鴨志田穣さんと西原理恵子さんは離婚します。

離婚後も西原理恵子さんのサポートがあり、2006年にはアルコール依存症から回復し始めます。

ですが、その後癌が発覚し、西原理恵子さんと事実婚の状態で闘病生活をおくりましたが、

2007年3月20日に42歳という若さでお亡くなりになられました。

スポンサーリンク

4.西原理恵子の現在の旦那は?

高須クリニック

西原理恵子さんは2018年8月より、高須クリニック委員長の高須克弥さんと事実婚の関係にあります。

入籍をしないで事実婚を選んだ理由は、「籍を入れると何かあった時に全部不倫と言われる」と述べており、西原理恵子さんもこの考え方に賛成しています。

息子は、2人の事実婚に関しては全くもって認めてはいないようです(笑)

スポンサーリンク

5.まとめ

鴨志田ひよさんが現在何をしているのか、そして父親のことと西原理恵子さんと不仲なことに関しまとめました。

母親としての漫画を描いていた人が、子供に対して虐待っぽく接していたのは胸が痛くなりましたね。

鴨志田ひよさんはそれをブログで書くのはものすごく勇気のいる事だと思います。

この件がきっかけで、子育てを新たに真剣に考える人が多くなればいいなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました