唐田えりか出演のしたいのひと!バストトップも見えている!?

唐田えりか 映画 明日使える雑談
スポンサーリンク

2020年に東出昌大さんとの不倫騒動で、世間を騒がせた唐田えりかさん。

世間からの風当たりはまだ強いですが、2022年公開の映画に出演することが、決まっています。

どのような映画で、どんな役をするのか、まとめています。

スポンサーリンク

1. 唐田えりか出演の2022年公開の映画

唐田えりか出演映画

2022年の2月に限定公開されるものが1本。

2022年度中に公開予定のものが1本。

合計2本が現在決まっているものですね。

詳しいタイトルや物語・主演などを見ていきましょう!

血ぃともだち

この映画は2020年4月に公開予定になっていましたが、コロナウイルスの関係で公開が4度も延期になりました。

やっと2022年2月5日に、テアトル新宿で午後8時から一夜限りの特別上映をすることが出来た作品です

原作・監督は、押井守監督です。

この方は、アニメ「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」や「機動警察パトレイバー」などで知られています。

主演は、唐田えりか、尾碕真花、天野菜月、日比美思、松本圭未、松井玲奈(ゲスト出演)、筧利夫です。

公開舞台あいさつで、押井監督このように語っていました。

「4年前の映画なので、いろいろありまして、とにかくいろんなことがありまして。本来なら今日は4~5人、かわいい女の子が並ぶはずだったんですが、今日はおやじ2人です。」
「若い人いろいろあるから、本当にまいった。こんなにたたられた映画初めて、」
「今回はさすがにダメかと思った。長い映画人生の中で1本くらいお蔵(入り)になってもしょうがないかと思った。でも、あの女の子たち頑張った。世に出ないのは申し訳ない。なんとかここまで来られた。ようやく1つの仕事の区切りがつく。関係者の努力でここまできました」

お蔵入りにならなくてよかったですよね。

あらすじ

舞台は私立来栖学園高校の献血部。そこには血が抜かれる快楽に魅せられた、マキ(唐田えりか)・仁子(尾碕真花)・ナミ(日比美思)・カオル(天野葉月)の4人が集まっていた。ある日、マキは献血ルームで黒づくめの美少女・マイ(牧野仁菜)と出会う。看護師たちを相手に大暴れして気を失ったマイを、マキは思わず献血部の部室へ運びこむ。するとマイは衝撃の事実を口にする。彼女は人間を襲うことができない、落ちこぼれヴァンパイアだったのだ!
儚げなマイの表情に胸打たれたマキたちは、献血がわりに自分たちの血でマイを養うことを決意するが・・・。

引用:テアトル新宿様ホームページ

限定公開なのが、とても残念です。

もし、ブルーレイになったら購入したいですね。

したいのひと

この映画は、すでに昨年の10月下旬ごろに、撮影が終わっています。

監督・脚本は、草苅勲監督です。

キャストは今の段階ですと、風俗嬢役の唐田えりか以外分かっていません

この映画は、未完成映画予告編大賞で、グランプリを受賞し、製作費2,000万(相当)で映画化されたものです。

あらすじ

熱き演劇心がありながら、いつの間にか「死体の人」専門になってしまった中年の主人公。
ふとしたことで知り合った風俗嬢の危機を救うために、「死体の人」は、彼ならではの方法で、それに立ち向かっていく。
そしてその先に見えてきたものとは。
引用:未完成映画予告編大賞の受賞作品についてより

このあらすじは、3分間の予告を見て、作られたものなので、公開されると少し変わってくると思います。

公開は、2022年の冬ごろを予定しているそうです。

スポンサーリンク

2. バストトップも見えている?

唐田えりかバストトップ

「死体の人(仮)」で、風俗嬢役をします。

予告動画ですと、風俗嬢役の方がアンダーウェアのまま、主人公にタイツを破るように迫るシーンが映っています。

この風俗嬢役を唐田えりかさんがやるわけですから、バストトップも見えるはずですし、アンダーウェア姿も、見ることが出来そうですね。

もう少し過激なものになりますと、「ヘルタースケルター」の沢尻エリカさんのような大胆なものになるかもしれないですね。

もし本当に、バスストップ以上のものを大胆に露出していたとしたら、体当たりな演技も出来る女優さんとして、再復活への道が見えてくるかもしれませんね

スポンサーリンク

3. 血ぃともだちの感想

唐田えりか血ぃともだち感想

限定公開で見られた方は少ないですが、SNS上の感想をピックアップします。

・限定公開ではなく、全国上映するべき作品
・まじめな作品
・超傑作なので、押井監督と唐田さんをはじめとする、主演の女性達がめちゃくちゃ評価されるべき作品
・4人の女性をしっかり魅力的に、過不足なく切り取っているのは見事!
・NiziUの二ナちゃんの演技が存在感があり、才能の塊だと思った
・ラストにかけてググっと引き込まれた
・再上演・ブルーレイ化希望

限定公開にかかわらず、多くの意見があり驚きました!!

一夜限りの限定公開では、満足できない方が多かったみたいですね。僕も見てみたい映画でしたので。

全国上映される日を、いつまでも待っています!!

スポンサーリンク

4. まとめ

2022年に唐田えりかさんが出演する映画が、2本もありとても楽しみですね。

すでに公開されている「血ぃともだち」は観られた方の感想が、とてもいいので今年の冬に公開される「死体の人(仮)」も相当期待できますね。

「死体の人(仮)」は、3分の予告を見る限り、唐田えりかさんの役は、準主役みたいな位置です。

2022年の映画出演を機にして、来年以降多くの番組・舞台・映画で唐田えりかさんを見ることが出来ればいいなと思います!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました