三幸製菓が生産再開!ぱりんこ等のせんべい類は7月末販売再開!

明日使える雑談
スポンサーリンク

今年2月に火災があった三幸製菓ですが、今月中に販売再開予定との事です。

三幸製菓のどこの工場で生産が再開されるのか、そしてどの商品が作られ販売再開予定なのかを調べてきました。

また、火事が起こった荒川工場の取り壊しも始まったので、まとめていきます。

スポンサーリンク

1.三幸製菓が生産再開

三幸製菓 工場

生産再開したのは、新崎工場と新発田工場の2工場です。

6月下旬からこの2商品が生産されています。

新崎工場
・チーズアーモンド

新崎工場は、新潟県新潟市北区新崎2丁目6-1にあります。

広さは、敷地13,140㎡です。

新発田工場
・ぱりんこ

新発田工場は、新潟県新発田市佐々木2401-2です。

広さは、敷地60,986㎡です。

主にこの2商品の生産ラインが6月末から動いています。

おそらくこれだけではないと思いますので、他にも人気の商品の「雪の宿」も生産再開となってくると思います。

三幸製菓の人気商品なので、家で食べれるようになるのは非常に楽しみですね!!

スポンサーリンク

2.ぱりんこ等は7月下旬に販売開始

ぱりんこ・チーズアーモンド等は7月下旬より、出荷・販売再開の予定です。

主にぱりんこを生産する新発田工場の生産能力は、年間約130億円です

仮にぱりんこのみを工場フル稼働で作るとしたら、かなり多いと思います。

生産されていた時のぱりんこは1袋12枚入りで約200円でした。

ぱりんこのみ作ると仮定する単純計算

月の生産量  一袋の金額   月のぱりんこ量(1袋)
11億円 ÷  200円  =  550万袋

フル稼働で作ってくれるとしたら相当な量が全国に供給されそうですね!!

スポンサーリンク

3.荒川工場の取り壊しも再開

荒川工場の本格的な取り壊しは、2022年7月4日から始まりました。

三幸製菓は火災による損傷が激しく、現状では危険な状況だったため、先月20日ごろから少しずつ解体を行っていました。

作業員がバーナーなどで渡り廊下を切り離すと、クレーン車で持ち上げ解体したりと本格的に動いています。

今後は建物内にある機械などを撤去したのちに外壁を取り壊すとしていて、すべての解体は11月末ごろに終える予定です。

火災が起きた荒川工場の生産再開は未定となっています。

すべての解体が終わってからになりそうなので、生産再開は来年ごろになると思われます。

また、荒川工場における再発防止策や是正事項の対応は2022年7月末に完了を予定しているそうです。

今後はこのような凄惨な事故が起こらないように徹底してもらいたいですね。

スポンサーリンク

4.まとめ

三幸製菓の工場の生産開始と販売開始予定についてまとめました。

お盆で親戚等が集まるお茶菓子に、ぱりんこ等が出せるようになりそうですね!!

荒川工場の再発防止策もきちんと対応しているようですので、今後は働いている方も安心できそうですね!

人気の米菓メーカーであるので、早めの販売再開と安全な生産状態を期待していましょう!!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました