白井球審の過去の誤審騒動!退場者も出していた!

審判 明日使える雑談

2022年4月24日のロッテ対オリックス戦で、佐々木朗希投手(ささきろうき)に詰め寄り話題になった白井一行球審(しらいかずゆき)。

球界のOBや現役選手からも様々な意見が出ています。

白井球審の過去の判定で騒動になったものをまとめていきます。

中には、退場になったものもあります。

白井球審の過去の誤審騒動を見ていきましょう!!

1. 白井球審の直近の誤審騒動

白井球審が佐々木朗希へ詰め寄る

直近での白井球審の騒動は、ロッテの佐々木朗希投手に対してのものですね。

この回だけでなく、初回からストライクに見える球をボールと判定していたことが原因で、

佐々木朗希投手も顔に出てしまっていたのかもしれませんね。

暴言等も言われていないのに詰め寄る白井球審もどうかと思いますが、、、

SNSでも白井球審に対し厳しい声が上がっています。

これに対し白井球審は試合後のコメントで、

答える必要はない。一切コメントなしです。

このように話していました。

過去の誤審騒動も見ていきましょう!

2. 白井球審の過去の誤審騒動

白井球審

白井球審の過去の誤審騒動も紹介していきたいと思います。

選手だけでなく、監督に対しても退場を宣告していたことが数回ありました。

白井球審にタックルした人もいましたね(笑)!!

2.1 栗山監督の退場騒動

栗山監督退場騒動

北海道日本ハムファイターズの栗山監督は、白井球審に抗議し退場になったことがあります。

2013年5月25日の試合です。

日本ハムファイターズ 対 阪神タイガースの試合で起こりました。

9回の裏の阪神の攻撃の時でした。

1対0で負けていた阪神。先頭打者の浅井のグリップエンドに当たったように見えましたが、白井球審はデッドボール判定。

打者の浅井選手もグリップエンドに当たったという仕草もしており、解説もグリップエンドに当たったと言っていました。

この判定に、栗山監督は猛抗議。

普段温厚な栗山監督がここまで起こる姿を見たのは、初めてでした!!

抗議の中で栗山監督は、

あれが死球なら審判を辞めろ。俺を納得させられないのなら、退場させてくれ。

このように暴言を吐き退場となりました。

打者の浅井選手が、デッドボールのようなアピールもしていないのに、この判定になったので栗山監督の怒りが爆発したのでしょうね!

2.2 山崎選手の退場騒動

山崎選手

元東北楽天ゴールデンイーグルスの山崎選手は、白井球審に抗議し退場になったことがあります。

2010年7月27日の試合です。

楽天 対 ソフトバンクの試合で起こりました。

1対1の同点での山崎選手の打席。

2ストライク目の外のスライダーをストライク判定され、これに抗議。

この抗議では判定は覆らず、直後の内角高めの球をストライク判定で見逃し三振。

この球は、ほとんどの人がボールに見える球でした。

この判定に山崎選手は再度抗議。一回目の抗議とは比べ物にならないほど激怒していました。

山崎選手は抗議の時に、このような主旨の事を言っていたそうです。

野球選手だって調子が悪ければ2軍に行くんだ。
お前審判下手だから一緒に2軍に行くぞ!!!

これは後に山崎選手が語ってくれたことです。

白井球審からは山崎選手に退場処分を言い渡されます。

この退場に対し山崎選手は、白井球審に対し走って駆け寄り怒りをぶちまけていました!!!

後日談で山崎選手は、このように語っていました。

あれをストライクというのであれば、マイナーに言った方がいい。
生活がかかっているのだから許せない。

野球で生活をしているので、誤審に対し感情的になるのは当たり前の事かもしれませんね。

2.3 中畑監督の退場騒動

中畑監督

元横浜ⅮeNAベイスターズの中畑監督は、白井球審にタックルし退場となりました。

2013年4月16日の試合です。

横浜 対 広島の試合で起こりました。

2対2の同点の場面でした。

2アウトランナー1塁2塁で、センターに抜けるかと思われた打球をセカンドがキャッチ。

ランナーがホームに突入していたので、ホームでのタッチプレーに。

完全にアウトのタイミングでしたが、セーフの判定。

この判定に、中畑監督が飛び出し白井球審にタックル!!!

抗議する間もなく退場となりました。

まだリクエスト判定もなかったので、何とも言えませんがランナーが上手くタッチを交わしていたんだと思います。

せめてきちんと抗議をしてほしかったですね(笑)

最後は退場にはならずに抗議をした方を紹介します!

2.4 阪神2軍平田監督キレる

平田監督

阪神タイガース2軍の平田監督は白井球審にキレたことがあります。

2010年8月10日の2軍の試合です。

阪神 対 中日の試合で起こりました。

1対1で迎えた同点の場面。

上の写真の地面ギリギリの球をストライクとコールしました。

キャッチャー・打者共に驚き一瞬動きが止まりました(笑)。

この判定に対し、平田監督は激怒。

白井球審に対し、このように言いながら詰め寄りました。

なんでストライクや今のが!!
クソボールやないか!!!

それに対し白井球審は不貞腐れたような態度を取ってしまいます。

平田監督はこの態度を見てさらに声を荒げます。

何やその不貞腐れた態度は!!
テレビをお前見てみ!テレビをじゃあ!!
選手が一所懸命やってんのに勘違いしたらあかんやろ!

平田監督は退場になりませんでした。

この試合に関するコメントや謝罪は、白井球審からはありませんでした

3. まとめ

白井球審の過去の誤審騒動に関してまとめてみました。

退場者を出している誤審は、素人目から見てもその判定間違ってるんじゃないというものが多かったですね

白井球審も人間なので間違うことは必ずあると思います。

間違った後の行動が大事だと思いますね。

山崎選手がいうように、2軍で再度経験を積んでから1軍の試合の審判をすることもいい方法だと思いました。

今後のプロ野球が発展していくことを切に願っています!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました