「ながたまや」お姉さんの生い立ち!通っている音楽大学も徹底調査!

おかあさんといっしょ

2022年2月16日(水)にオンライン会見で、NHK・Eテレの幼児向け番組「おかあさんといっしょ」(月~土曜午前7時45分)で、6年間にわたって「うたのお姉さん」を務めてきた小野あつこさんが3月末で卒業することを発表しました。

後任の22代目歌のお姉さんは、「ながたまや」さんが務めます。

4月2日の放送で、あつこお姉さんとながたまやお姉さんは共演し、番組内で交代のあいさつをする予定です。

4月4日より、新しい歌のお姉さんとして、登場されます。

ながたまやお姉さんは、現在まだ大学に通っており、3月に卒業予定となっております

ながたまやさんはどのような方なのか、どこの大学に通っているのか、いつから歌の勉強をしているのかなど、徹底調査してきました!

1. ながたまやお姉さんの通っている音楽大学

ながたまやお姉さん

ながたまやを検索すると、国立音楽大学に通っている、「永田茉彩」さんが出てきました。

ながたまやも現在都内の音楽大学に通っているとの事ですので、ながたまやと永田茉彩は、ほぼ同一人物だと思われます。

ながたまやお姉さんは国立音楽大学に通っていると断言できそうです

ながたまやお姉さん 大学時代
引用:ヤマハ音楽振興会様YouTube

この写真は、恐らく大学2年生の時の、ものだと思われます。

歌のお姉さんとしての写真と顔が似ていますよね?

同一人物だということを前提で、詳細を書いていきます!

Dance Unit T!am

Dance Unit T!am 永田茉彩
引用: Dance Unit T!am 公式YouTube

2020年9月に結成されたダンスユニット「ance Unit T!am」 に所属しております。

静岡を中心に活動しているようです。

4人のダンサーでグループが出来ており、ミュージカルに出たり、学生のファッションショーに出たりと様々な分野で活躍しています

今年の1月には、オリジナルのダンスムービーも公開しています。

グループのメンバー紹介で、ながたまやお姉さんは、

歌って踊れる可愛らしい少女のよう。
喋りだしたら圧倒されるほどマシンガン、よく笑う
素直な表現力が魅力的

このように紹介されています。

これなら、子供たちと打ち解けることも早くできそうな感じがしますよね!!

2. ながたまやお姉さんの生い立ち

ながたまやお姉さん生い立ち

田茉彩さんと同一人物とすると、ダンスや歌はかなり早くから行っていたようです

英才教育みたいなものですかね??

出身は、静岡県富士市になると思われます。

年齢は22歳になります。

幼少期

幼稚園の頃、エアロビをやっていて、ゴリエ杯というチアダンスの大会では全国大会まで行きました。

小さい頃から人前に立つのがすごく好きだったそうです。

このチアダンスを始めて様々な人と触れ合ううちに、

5歳からミュージカルにも参加したりしていました。

小学校・中学校・高校生時代

小学校でも、ミュージカルやダンスの練習を続けてやっていたと思いますが、情報が出てきませんでした。

中学生になっても、歌と踊りは続けていました。

2012年の中学一年生の時に、スパカンファン・プロジェクトに初めて参加しました

スパカンファン・プロジェクトに参加するには、ダンスのオーディションで受かることが条件です

スパカンファン・プロジェクトとは

SPAC-ENFANTS※(スパカンファン)は、オーディションで選ばれた静岡の中高生とともに新しい舞台を創造する、SPACによる国際共同製作プロジェクト。フランスを拠点に国際的な活動を展開する振付家・ダンサーのメルラン・ニヤカム氏を迎え、2010年にスタート。「世界中の子どもたちが未来への希望を取り戻すことができるダンス」をコンセプトに、芸術表現として世界に通用するクオリティーを持ったダンス作品を目指しています。

中学校では、吹奏楽部に所属していました。

高校生でも、歌と踊りを続けていました。

高校一年生の時に、 スパカンファン・プロジェクト第2弾となる、新作『ANGELS』 のオーディションを受け、再度受かりました

2期連続でのスパカンファン・プロジェクトへの参加となりました

スパカンファン・プロジェクトを通して、自分の個性を主張できたりとか、逆に相手の個性を認め、相手のいいところを吸収していく力が身についていきました。

高校では、音楽部に所属していました。

大学生時代

大学は、国立音楽大学へ進学しました

大学では、ダンスユニットグループ「 ance Unit T!am 」のメンバーの一員になったり、大学の授業の一環か、サークル活動でミュージカルの舞台に立ったりと、各方面で活躍していました。

ヤマハ音楽振興会のYouTubeでは、ソロで歌う姿もあります。声の質が、オペラのような印象を受けました。

歌と踊りどちらも相当やりこんでいますので、第22代歌のお姉さんとして、相当活躍されそうです

3. まとめ

5歳からエアロビやミュージカルを行っていましたね。

幼いころから、チアダンスの大会で全国大会に出場したり、中学・高校では、オーディションを見事突破し、ダンスのプロジェクトに入ったりしていることから、性格はかなり負けず嫌いだと思いますね

このおかあさんといっしょの、歌のお姉さんも勝ち取ってきているので、勝負強さ・土壇場での集中力は兼ね備えている気がします。

持ち前の歌唱力とダンス力で、子供たちと、テレビを見ている子供の親を、上手く引き込んで活躍してほしいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました