ロシア国営放送で「戦争反対」!!フェイクニュースか?

フェイクニュース ロシアフェイクニュース

3月14日にロシアの国営放送のニュース番組中に画面右側から女性が突然、戦争反対のメッセージを掲げて入ってきました。

戦争反対のメッセージを掲げて入ってきた女性は、ロシア国営テレビで働くマリーナ・オフシャンニコワさん。この言論統制が強まる中での行動に、世界中から賞賛の声が上がっています。

ですが、この放送自体がフェイクニュースの可能性がるとの声も上がっているので、徹底調査してきました。

1. 国営放送での戦争反対デモの詳細

ロシア国営放送戦争反対

ロシア国営放送の第一チャンネルの生放送中に、画面右側から女性が突然音を立てて「戦争反対」のメッセージを掲げて入ってきました。

メッセージは英語で「NO WAR(戦争反対)」と書かれ、さらにその下にはロシア語で「戦争を止めろ。プロパガンダを信じないで。彼らはあなたに嘘をついている」とつづられていました

約5秒ほど女性は後ろでメッセージを掲げていましたが、その後職員に捕らえられて連行されていきました。

この女性は、ロシア国営放送の第一チャンネルで働いている、マリナ・オフシャニコワさんです。

オフシャニコワさんは、警察に拘束され14時間以上の取り調べを受けていました。その後モスクワでの裁判所は、「事前に通知せずにイベントを催した」などとして3万ルーブル、日本円でおよそ3万3000円の罰金刑を言い渡しました

裁判所から出た後は、解放され様々な記者団へ話をしていました。

この勇気ある世界にも賞賛される行動が、なぜフェイクニュースに見えてしまったのでしょうか?

理由を見ていくと、フェイクニュースである可能性が高まっていきます。

1. 国営放送で「戦争反対」がフェイクニュースと言われる理由①

フェイクニュース プロパガンダ

このニュースを見た時に、アナウンサー経験のある方は違和感を覚えたと思います。

その違和感は、 オフシャニコワさんが画面横から音を立てて入って来たにも関わらず、メインキャスターの女性が、全く気にすることなく淡々と原稿を読み上げていたことです

元アナウンサーの方が言うには、日本のスタジオは以下のようになっているそうです。

キャスターはテレビカメラの下についている「プロンプター」という機械に映し出される原稿を読めば、自然と“カメラ目線”になるような仕組みになっている(※ない場合もある)。また、スタジオでは通常、カメラの横には「自身が今どのように映っているか」を確認することができるモニターが設置されていることも多い。
引用:ハフポスト

モニターがあったかどうかは分かりませんが、オフシャニコワさんが声を上げていたので普通は振り返ったりするのではないかなと思ってしまいます。

また、番組スタッフが止めに来なかったことも疑問視されますね。言論統制が敷かれているロシアで、この内容を生放送中に訴えたら、すぐにスタッフが飛んできて連行したり、すぐ映像切り替えをしたりすると思いますよね。実際5秒間は垂れ流しでしたからね。

慶應義塾大学の廣瀬陽子慶大教授は、この件に関してこのような見解を述べています。

極めて異例づくしの映像だと思います。アナウンサーが微動だしないということ、そしてカメラワークも変わらないのは極めて不気味。ロシアでは非常に多くの人が見ている番組で特に視聴率は高く、波及効果も高い。スタッフも意識があればすぐに止められると思う。それをしなかったということは、番組の人がみんな知っていたのではないかということが想定されます。

もしかしたら、事前にスタッフ等の全員が知っていて行われたかもしれませんね。

2.  国営放送で「戦争反対」がフェイクニュースと言われる理由②

フェイクニュース プロパガンダ

ロシアの国営放送の生放送は、実は8分間遅れで流れていると語っている方もいます。

その方は、ウクライナの現状を現地でリポートしているボグダン・パルホメンコさんです。日本のニュース番組のスッキリ等にも主演しているので、見たことある方も多いと思います

ボグダン・パルホメンコさんの簡易プロフィール
・年齢:35歳
・出身:ウクライナ
・職業:美容器具代理店経営者
・4歳から15歳まで日本で過ごし、その後ウクライナへ戻る

ボグダンさんは、3月15日放送の『関西テレビNEWS』で、こう話しました。

ロシア国営メディアは元KGBの監視下にあり、生放送であっても8分間の遅れて流れるシステムなので、もし乱入があっても、放送は事前に止められるはずだ。

ウクライナの国民は、8分遅れて流れていることを知っているため、このニュースをフェイクと疑いネガティブにとらえているそうです。

3.  国営放送で「戦争反対」がフェイクニュース ならロシアの狙いは

ロシアプーチンフェイク

この、国営放送での「戦争反対」デモがフェイクニュースだとしたら、ロシアの狙いはどこにあるのでしょうか?

この狙いは、2点あると思います。

1つは、ロシア国内では厳しく言論統制されているという世界的なイメージを覆すことが目的だったのではないかということです

ロシア政府と異なった報道をしたので、連行されたことまでは分かるのですが、ここまで世界的に拡散されているのにも関わらず、刑罰が日本円で約3万程度で済んでいます。裁判所から出た後も、各メディアの取材も受けれています。

これは厳しい言論統制はしていないという表れにしたいのではないかなと思います。

2つ目は、ロシア市民も戦争に反対しているから、西側は経済制裁をやめろというメッセージだったのではないかということです

現在ロシア国内では、物価がものすごく上がっています。牛乳を買うにしても3月上旬と現在(3月19日)を比べると、価格は2倍になっています。

他にも、マクドナルドの閉鎖、アップル・イケア・ナイキなどの主要ブランドがロシアでの販売を取りやめました。

この厳しい経済制裁を、ロシア市民は戦争反対しているから緩和してほしいという意図があったのではないかと思われます。

4. まとめ

このニュースがフェイクかフェイクではないかは、本人のオフシャニコワさんとロシア政府しか分かりません。

ただ状況を見ると違和感が非常に多かったということです

戦争は、多くの人の命を失いますし、多くの建造物も失います。本当に悲しいことですのですぐに終わらせてほしいですね。

戦争は老人が初め、若者が命を失う

いち早く平穏な日々が来ることを祈っています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました