リビングダイニングの照明はどのようなものがいいのか?

リビング照明ですが、基本的なフラットな天井であれば、シーリングライトかダウンライトの、
どちらかを使うことが主流となっていると思います。
シーリングライトとダウンライトを組み合わせて使うこともできます。

天井に段差をつけている場合は、間接照明とダウンライトという組み合わせをすることもありますが、今回は基本的なシーリングライトとダウンライトの事を、お伝えしていきます。

シーリングライト

写真のような器具をシーリングライトと言います。
リビングや寝室に使われることが多いです。この器具一台で部屋の明かりをとることができます。また、引掛けシーリングというものを使い器具を固定していますので、素人でも交換することが可能です。

シーリングライトのメリット・デメリット

ダウンライト

写真の器具をダウンライトと言います。
ダウンライトは施工時天井に埋め込むため、天井がフラットになりすっきりとした見栄えになります。LEDランプ交換可能型のダウンライトにしますと、LEDが切れた際工事業者を呼ぶことなく手直しができます。

ダウンライトのメリット・デメリット


どちらがいいということはありません。
デザインの違い・好みの違いがありますので、メリット・デメリットも踏まえて決めるといいと思います。
例えば、リビングにはシーリングライトを付けてダイニングテーブルがある部分とキッチンの近くはダウンライトにすることもできます。

家の中のイメージは照明で決まるといっても過言ではないと思いますので、当サイトを参考にしてイメージ通りの住宅にしていただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました