ブラケットライト取り付け場所 5選!!

パパ猿です。

ブラケットライトは階段・寝室・トイレ・内玄関と様々な場所で活躍することができ、
リビングでも壁を明るくし、アクセントとして使える便利な器具です。

今回の記事では独断で厳選し5選を紹介します。

ロダン
ロダン

そもそもブラケットライトってどういう形のものをいうの?

パパ猿
パパ猿

ブラケットライトはほとんどが四角い形をしているよ。
ほかには丸形や笠が付いているもの、シャンデリアがついているものもあり
形は様々なんだ。

ロダン
ロダン

そうなんだね。
文字だけだとイメージが湧きづらいから取り付け場所を見てくるねー!!

こんなところにブラケットライト取り付け場所6選

1.内玄関


直接的な光だけでなく、壁・天井から反射する間接的な光で、顔の表情をより自然な印象にします。

天井に設置されていないため、壁面から遠い部分は薄暗くなる可能性があります。

Panasonic様より引用

2.階段


壁のコーナーの部分に設置することが出来るものもあります。

出が少ない器具を選ぶと、空間を圧迫しません。

Panasonic様より引用

3.リビング


主照明には使えませんが壁面に設置することで、天井・壁を明るくし空間に広がりや奥行き感をもたらします。

コンパクトタイプのものを連続して並べると部屋のアクセントになります。

4.テレビ背面


テレビ背面の壁を明るくすることで、目が疲れづらくなります。

これは個人的な主観ですが、画像のようにテレビの背面にブラケットがあると、ものすごくおしゃれに見えますよね。

5.寝室


光源が直接見えないため、間接照明のようになります。
間接的な光が広がり、寝室にふさわしい落ち着いた雰囲気になります。

ロダン
ロダン

間接照明は様々なところで使える万能な照明器具なんだね。

パパ猿
パパ猿

他にも小空間の部屋にも使えるよ。

パパ猿
パパ猿

例えば、ウォークインクローゼットや階段下傾斜天井のトイレだね。

部屋にアクセントをつけるには最適であり、様々な部屋に使えるものがブラケットライトだと思います。

あくまで主照明ではないので、主照明とのバランスをとりながら使っていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました