2021年! パナソニック新商品~ペンダントライト~

こんにちは!!

パパ猿です。

4月にパナソニックさんの住宅用照明の、2021年度版のカタログが出ました。中身を見てみますと、多少新商品が載っておりましたので、紹介していきたいと思います。

ユッキチ
ユッキチ

パナソニックの住宅照明って、デザインがおしゃれなものが少ないイメージなんだよね。
大光電機やオーデリックは様々なデザインがあり、おしゃれなものも多いのにな‥‥‥

パパ猿
パパ猿

確かにパナソニックさんの器具は、照明以外の付加価値がついているものが多くそっちがメインになっている感じだよね。

だけど2021年のカタログに、おしゃれなデザインの器具が新商品として載っているんだよ!

ペンダント照明で追加された器具を紹介していきますので、リフォーム・新築をお考えの方はぜひ最後まで読んでみて下さい。

ペンダントライトがどのような器具か知りたい方は、こちらから確認してくださいね!

ペンダントライトとは!!!

1. 新商品の特徴は??

今年モデルのペンダントライトは、LEDフラットランプを使えるものと・高級感のあるデザインのものが出ました。

・LEDフラットランプとは?

LEDフラットランプとは、従来のLED電球よりも簡単にランプを交換できるものです。

LEDフラットランプを使うためには、専用の器具が必要になります。ランプの口金も従来のように、E17やE26ではなく、GX53-1かGX53-1aという口金になります。ランプの大きさは、70Φですので従来のものより大きくなっております。
ランプ交換は従来のものに比べ簡単になっています。カチッと器具本体にはめクルッと回すだけとなっております。

現状は、従来のE26等の口金のものと、LEDフラットランプの口金のGX53-1がどちらも販売されていますが、メーカーとしてはLEDフラットランプをメインにしたいのかなーと思います。
実際従来のものと使い方は変わっていないので、わざわざ形を変える必要はないはずです。それなのに、年々LEDフラットランプに対応している器具が出てきています。
LEDフラットランプの方が従来のLED電球よりも、プラスアルファの機能をつけやすい等のメリットがあるのかもしれませんね。そのため、メインにしようとしているのかもしれませんね。

2021年パナソニック住宅照明総合カタログより

2021年パナソニック住宅照明総合カタログより

・デザインの高級感

ペンダントライトのデザインですが、今年出た器具に関しては高級感あふれるおしゃれなものが多いと感じました。

海外のインテリアデザイナーさんとコラボした商品や、日本の伝統工芸で使用されてきた漆や箔が使われている商品、また、今年から増えた、ハンドメイドの硝子メーカーさんや鉄器メーカーさんとのコラボ商品があります。

デザインが色々な方々とコラボし高級路線に変わっているのかなーと感じました。ハンドメイド品等がありますと、同じものは出来上がらないので特別感が出ますよね!

大光電機のペンダントライトです。
パナソニックとは違い、斬新なデザインで存在感がとてもありますね。

パナソニックのペンダントライトです。
折り紙細工をイメージしたデザインになっており、漆や箔が使われています。高級感のあるデザインになっています。

2. 新商品の紹介

コラボレーション器具

上記にも記載したように、様々なところとコラボレーションして器具を出しております。

その中でも、今年新しく出たものだけをピックアップして紹介しますね!

ただ一つ注意事項として、コラボレーションの器具は引掛けシーリングタイプのものはありません。
直付・半埋込・配線ダクト取り付けとなっております。直付・半埋込タイプの場合は、必ず電気工事士による施工が必要となります。配線ダクト取り付けの場合は、現在配線ダクトがついているのであれば、ご自身で変えることが出来ると思います。配線ダクトがない場合は、電気工事士に依頼し配線ダクトを取り付けてください。

配線ダクトについてはこちらの記事にまとめてあります。

配線ダクトまとめ


この照明器具は、日本の伝統工芸で使用されてきた箔や漆を使い和風テイストを存分に出したものです。和で用いられる水平垂直の構成が、スリットからこぼれる光でモダンな印象を醸し出します。

大人っぽいイメージの部屋をお考えの方にピッタリな照明器具です。


菅原工芸硝子とコラボしたハンドメイドガラスの器具になります。この器具のガラスのデザインのイメージは菊の花をモチーフにしてます。手作りならではの不規則で柔らかな形状から生まれる、あたたかみのある輝きが広がります。


南部鉄器メーカーの岩鋳さんとコラボした、モダンな南部鉄器セードの器具です。南部鉄器の伝統的な模様の「あられ」をモダンなパターンにあしらったデザインとなっており、セード上部の透かし模様から漏れる光が、あたたかな雰囲気を出します。

LEDフラットランプとの組み合わせになっております。

LEDフラットランプとは?


引掛けシーリングタイプ

コラボレーション器具ではなく、今年新しく出た引掛けシーリングタイプの器具を紹介していきます。

このタイプの器具なら、引掛けシーリングさえついていれば自分で取り付けも出来るので、工事費用が一切かかりません。

オシャレなものが多くあるので一部分のみ紹介しますね!


セードの上下から光が広がり、空間に開放感を作り出します。シンプルなデザインなので、どんな住宅のリビングにもマッチしますし、住宅に限らず飲食店等の店舗など様々な空間で使いやすい器具になっております。

セードの内側が白色になっているので、光を効率よく反射させ上下方向ともに、美しく光がまわります

LEDフラットランプとの組み合わせになっております。

LEDフラットランプとは?


卵の造形をモチーフにデザインされています。

このフォルムの違う2種類を交互に並べ点灯させると、空間にリズムが生まれよりおしゃれな雰囲気を出すことが出来ます。並べた時のイメージの写真も貼っておきますね。

住宅ならダイニングテーブルの上に並べて設置すると、明るさも十分に取れデザイン性も確保できそうですね。店舗の場合は、入り口をこのような感じにすると柔らかいイメージになると思います

LEDフラットランプとの組み合わせになっております。

LEDフラットランプとは?


球体ガラスのキュートなデザインが特徴的です。

適度な存在感を出しながら空間にうまく調和し、上質感をさりげなく出してくれること間違いなしです!シンプルなデザインなので、3灯まとめて設置したみたりと様々なコーディネートが出来ます!

リビングの真ん中にあるだけで、かなりおしゃれに見えますよね。

またこの品番の器具は、壁のスイッチで色温度を簡単に切り替えることが出来ます

LEDフラットランプとの組み合わせになっております。

LEDフラットランプとは?


3. まとめ

いかがでしたでしょうか?

今年出たペンダントライトの器具を独断と偏見でピックアップしてきました。

やはり、ピックアップをしていて思ったのですが、パナソニックは斬新なデザインではなく、大人な高級感のある器具で、今後も展開していくのではないかと思いました。他にも今年新しく出た器具はありましたが、ガラスのカバーがついているものが多かったです。

ペンダントライトをつける際の注意点として、カバーの部分にほこりが溜まりやすいのでこまめに掃除をして下さいね。思っている以上に溜まりますので(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました