住宅照明のプランはどのように決まるのか?

新築・リフォーム時に必ず照明プランというものを提示されると思います。
その照明プランはだれがどのように作っているのか、また提示されたプランでそのまま進めていいのか、これをお話ししていこうと思います。

住宅照明はどのように決まるのか??

基本的にはハウスメーカー・工務店が、照明器具メーカー(パナソニック等)へ、住宅図面を送り照明器具メーカーが照明プランを作成してくれます。
この方法ですと、施主の好みやデザイン性のある照明器具はほとんど選ばれないと思われます。
事前に事細かく指示していれば別ですが・・・・・
照明メーカーからのプランをそのまま採用しても問題はありません。
時間がない方・忙しい方は
この方法でもいいですが、自身のイメージと異なることが多いと思います。
照明メーカーからのプランは叩き台に使うといいかと思います。

また、ハウスメーカー・工務店が自社で照明プランを作ってくれるところもあります。
その場合は、施主のイメージが一番伝わりやすく思い通りに進む場合が多いです。
変更箇所も少量で済むと思います。

この二つの方法で照明器具は決まっていきます。


https://sumai.panasonic.jp/lighting/akariplan_lp.html

このようなプラン図を基に照明器具を決めていきます。

各部屋の照明は何がいいの?

照明メーカーからのプラン図は叩き台に使うとなると、各部屋の照明はどのようなものがいいか分からないですよね。
住宅メーカーに「こういうイメージで、こういうデザインのものを使ってほしい」という
要望を伝え再プランしてもらう方法と、カタログを借りてご自身で決める方法があります。

各部屋の照明器具を決める際は当サイトに照明器具の、メリット・デメリットを
記載しているので参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました