パパ猿家を買う! 3話

こんにちは!

パパ猿です。

前回の2話よりだいぶ日にちが経ちましたが、ようやく進展しました。

土地が決まるまでがめちゃくちゃ時間がかかりました。

1つの土地を別な方と分けるような感じになっていましたがはたして。

銀行のローン事前審査と借りる際のローンの組み方を決定した理由も書いています。


1.銀行事前審査結果


2話では、1人でお金を借りようとして通らず、連帯保証人をつけるという形で2つの銀行に再度事前審査に申し込んでいました。

結果としては、2つの銀行から事前審査に通ったと連絡を受けました。

ですが僕らに連帯保証・連帯債務・ペアローンの違いがあまりよく分かっておらず、メリット・デメリットも分からなかったので、事前審査を申し込んだ銀行に話を聞きに行きました。

銀行員
銀行員

連帯保証・連帯債務は夫婦の収入の合計で審査します。

ペアローンは、ご夫婦それぞれがローンを組む形となります。

簡易的な図にまとめましたのでご覧ください。


話を聞いていくうちに、連帯保証型より連帯債務型の方が僕らにはメリットがあるのではないかと思いました。

まずは、年末調整時の住宅ローン控除を2人受けれるという点です。パパ猿家は嫁も働いている共働きなので、どちらも受けれた方が還付金が多くなります。単独ローンや連帯保証型で借入した場合は、債務者しか住宅ローン控除を受けれず、年収が高くないと控除額の枠を全て使い切ることが出来ません。ですので、平均的な年収で夫婦共働きの方は、連帯債務型がいいと思います。

団体信用生命保険は銀行の金利に含まれています。

また、団体信用生命保険も夫婦どちらも加入することが出来ます。

ですが、家の持ち分の割合により保証金額が変わります。
例を参考にして下さい。


4000万の住宅を連帯債務型でお金を借り建てました。
その際の割合は、夫が60% 妻が40%だとします。
ローン残高が3000万の時に旦那が亡くなったとしたら、
1800万円は団体信用生命保険で賄われます。
残額の1200万は妻が返済していかなければなりません。


金利は各銀行によって違いますので、様々なところに話を聞きに行った方がいいと思います。

銀行によっては、連帯債務型を取り扱っていないところもありますので、よく確認をして下さい。

この点を見ると連帯債務型が僕らには合っていますので、これで本審査の依頼をかけようと思っています。




2.土地の正式な内容が決定!


土地に関しては、現在隣に住まれている方と分けるようになりました。

隣の方は、増築に使うとのことでした。土地は少し狭くなりましたが、金額も手頃な額になり結果的にはよかったです。

僕らは、土地は不動産屋から買い、建物は工務店から建ててもらうやり方にしています。土地を購入する際の流れはこんな感じでした。

まずは不動産屋へ手付金を支払いました。

この場合の手付金は、契約成立を証明するために交付される「証約手付」になります。
簡単に言いますと、買い主が「この不動産を買う!」という意思を形に残したものです。

手付金の額はそこの会社によって違うと思いますが、相場は不動産価格の10%ぐらいとなっております。どんなに高くても最大で不動産価格の20%以内と決まっております。支払った手付金は最終的な支払いの際、手付金分を引いて請求されます。


後日、売り主さんと不動産売買契約書を交わします。その時に不動産代金を支払う必要はありません。(僕のところはそうでした。代金が必要な場合もあるかもしれません。)

この時に、土地の住所・広さ・場所等が間違っていないかも確認します。契約の際は不動産屋が間に入り説明をしてくれるので心配はありません。

僕の場合は、契約時売り主さんはおらず不動産屋に説明を受けました。先に売り主への説明しており必要部分のサインと押印は終わっている状態でした。

印紙代はかかりますので、用意して下さい。

令和4年3月31日までに作成される、不動産譲渡による契約書は軽減措置が適用され、印紙税が安くなります。下の表見てもらうと分かりやすいと思います。


不動産売買契約書を交わしたら、後は土地の引き渡しの時に土地の代金を支払うだけです。契約締結から45日後ごろまでに引き渡しを完了してくれとの事でした。

なので銀行へ本審査の依頼をかけ、審査が通り次第、融資してくれる日を不動産屋に伝えます。

本審査の依頼の際は、建物の見積もりも必要になりますので、ハウスメーカー・工務店と打ち合わせをし家を何坪にするのか・間取りをどうするのかという部分を決めて、見積もりを出してもらってください。

融資する際に提出した建物の図面と、完成した家の間取りの間に大幅な相違があると後々銀行より指摘が入るそうですので、気をつけましょう!!


とりあえずは、土地の大きさ問題から進展し、契約までに行けてとてもよかったです。

次回は、銀行からの融資を受けることができ、引き渡しが終わった時に4話を更新しますね!

コメント

  1. […] またも前回の3話から時間が経ちましたが、ようやく土地を買うことが出来まして、名義変更も終わりました。名義変更は司法書士さんにやっていただきました。 […]

タイトルとURLをコピーしました